SAKKO

神々の戯れ

今日の1曲はこちら

 

 

椎名林檎と宇多田ヒカル/浪漫と算盤 LDN ver.

 

 

 

2019年11月に発売された

 

椎名林檎さんのベストアルバム「ニュートンの林檎」に収録された1曲です

 

 

 

 

 

このコラボが発表されたときの興奮ときたら、もう

 

 

地球上で最強の女性シンガー2人ですよ

 

 

私にとってはご褒美みたいなもので

 

 

 

 

 

 

2016年に発売された

 

宇多田ヒカルさんのアルバム「Fantôme」に収録されている

 

 

二時間だけのバカンスfeaturing 椎名林檎

 

この楽曲以来、約3年ぶりのコラボ

 

 

 

またこのコラボが聴けると思ってめちゃくちゃ嬉しかったのを覚えています

 

 

何度もmvを見てはため息をついてを繰り返してました

 

 

 

mvの2人の美しさと妖艶さも魅力的です

 

 

 

 

 

何より、

 

 

ちょっと合わなさそうなイメージのある2人の歌声が

 

 

見事に混ざり合っているんですよね

 

 

 

 

 

こう、、、なんだろう、、、

 

 

 

主旋律とハモりをお互いに行ったり来たりしてるんですが

 

 

 

どちらが主旋律になっても

 

 

めちゃくちゃ綺麗に重なって、成立してるんです

 

 

 

 

 

当たり前なことだろって思うかもしれないんですけど、

 

 

 

元々が主役になる歌声の持ち主が "コーラスを歌う"のって、

 

 

結構難しいことだと思うんですよね

 

 

 

 

 

主張しすぎてはいけないし、

 

 

 

 

 

主旋律を歌っている相手の

 

 

歌声

 

 

息遣い

 

 

感情を

 

 

 

 

 

 

聴いて、確認して、想像して、

 

 

合わせないといけない

 

 

 

 

 

 

ただ音程があっていればいい

 

ってものでもないんです

 

 

 

 

 

奥深いですなあ、コーラス

 

 

だからこそ、好きなんですけどね

 

 

 

 

 

 

大好きなお二人なので余計に

 

 

どっちがどんな風に歌っているのか

 

 

 

聴き分けては、「うわあぁ、、」ってなるわけです笑

 

 

 

 

たまらん

 

 

 

 

 

 

 

 

メロディに対するハモリってものすごく考えられて作られていて

 

 

 

 

 

 

「ここをこう行きたい」

 

 

 

 

 

 

「こうするともっとこうなる」

 

 

 

 

 

 

っていう

 

 

 

曲のイメージに繋がるめちゃくちゃ重要な部分なんです

 

 

 

 

 

うまく説明できないけど!笑

 

 

 

 

大事なんです、めちゃくちゃ!

 

 

 

 

 

 

ちなみになんですが

 

 

 

mvはどちらも児玉裕一監督による作品です。

 

 

 

mv公開時の児玉監督の「神々の戯れをどうぞご覧ください」というコメントが

 

 

 

めちゃくちゃ印象的だったなあ

 

 

 

 

 

 

ぜひ、チェックしてみてください!

 

 

 

それでは👋



-SAKKO

Copyright © Bray me , 2013 All Rights Reserved.