SAKKO

ライブ

コロナのなんちゃらが流行しだした去年の今頃、

私たちBray meはツアー真っ最中だった



年が明けた頃、

3月のライブをやるか、やらないか

選択をしなくてはならないタイミングがきた

自分の感覚的には突然だった





コロナのなんちゃらが何なのか

何をしたらいけないのか

誰もが手探りの状況だったと思う



そんな状況の中でやった1本目のライブが、私たちのツアー横浜編、F.A.Dでした



自分たちの考えられる限りの対策をしてライブを決行する

という判断をした



これだけ時間が経った今も

あの時の判断が正しかったのか間違っていたのか



正直わからない



ただ、「やって良かった」と心から思ってる





そんな訳もわからない状態で

「俺らも出来る限りの対策と用意をするから、ちゃんと準備すればやれるって事を証明しよう」

と言ってくれたのがロンリネスの主催、キイチローさんでした



ライブは無事に感染者が出ることもなく(感染者の報告は出ずに)終えられて、その後のツアーつくば編と静岡編が終わる頃、緊急事態宣言でライブもスタジオも全てスケジュールが白紙になった





季節は勝手に進んでいくもので

暖かくなってきた頃

少しずつスタジオにも入れるようになってきた



そして、

7月中旬、アコースティックという形で4ヶ月ぶりにライブを再開できた

F.A.Dでキイチローさんの企画、ロンリネスだった



本当は私たちのツアー横浜編の完全版をやる予定だったけど、あの時の状況ではアコースティック形式が最善だと判断した

あの時に見た景色と、

あの時に感じた想いは一生忘れられないと思う



そこからまた少しずつ、少しずつ、バンドでライブが出来るようになって9月には大阪、名古屋、そして東京で無事にツアーファイナルシリーズを決行する事ができた





やるべき対策や準備をしてくれるライブハウスと

約束を守って、限られたスペースの中でもライブに来てくれるお客さんがいて

みんなが協力してくれなければ、できない事なので

本当に、本当に感謝しています

ありがとうございます





今日は、年内最後のライブです

F.A.Dの年末恒例イベント、爆裂ロンリネス

もちろん、キイチローさんの企画です



開催してくれて、Bray meを呼んでもらえてすごく嬉しいです

正直、キイチローさんや、F.A.Dとの関係ももしかしたらまだまだなのかもしれないけど、

これだけ節目のタイミングで関わってもらっているわけで



私は

人と人との関係なんて、過ごした時間じゃないと思ってしまうタイプなので

そういう事だよな、とか思っちゃうんだよなあ



朝からなんだか気持ちがグッときてしまったので

久しぶりにブログを更新してみました

今日、来れる人はライブハウスで待ってます

-SAKKO

Copyright © Bray me , 2013 All Rights Reserved.